ベニハゼ・イソハゼの仲間

サイズは小さいベニハゼやイソハゼの仲間達。

シマイソハゼ(雌雄異体)が進化して、性転換可能な種が生まれたことがわかっている。
この性転換可能な種の中にベニハゼ属やイレズミハゼ属がいる。
ベニハゼ属は更に進化して雌雄異体になった種がいるという。
雌雄異体に進化するって、かなり恵まれた環境にいたということなのかなぁ。

一見地味に見えるイソハゼはオスとメスで全然違って面白い!
派手な子が多いベニハゼはマクロの目で見るととってもフォトジェニック。
シマシマがかわいいイレズミハゼは可愛くて人気が高い!

シマイソハゼ属 シマイソハゼ

数は多くないと思います。
オキナワベニハゼより少し細い感じ。
オキナワベニハゼよりよく動くイメージ。

シマイソハゼ

シマイソハゼ。ストライプ柄がかわいいです。

 

シマイソハゼのお子様かな。

シマイソハゼのお子様かな。

 

ベニハゼ属 アオギハゼ

一夫多妻&雌性成熟の性転換可能なハゼです。
これはハナダイと同じですね(^^)

スタッフ美紗子がこよなく愛するアオギハゼのオス。
アオギハゼに至っては、幼魚よりもオスを狙うのが一番です。

アオギハゼオス

アオギハゼは婚姻色を狙ってほしい

アオギハゼオス

婚姻色のオスは本当に美しい

 

ベニハゼ属 チゴベニハゼ

稚児というだけあって、小さくて可愛い。
沢山いるけれども、ついつい撮ってしまう可愛い子。

周りの色合いがいい子を狙って撮って欲しい!

チゴベニハゼのお子様

チゴベニハゼのお子様

チゴベニハゼ成魚

チゴベニハゼの成魚

 

 

ベニハゼ属 ベニハゼ

ベニハゼ属ベニハゼというと、代表的な感じがしますが、、、
そんなに会えない不思議な子。

チゴベニハゼの顔が青くない感じなだけです。
むしろ、チゴベニハゼがベニハゼの顔を青くした感じなのかな。

 

ベニハゼ

ベニハゼ

 

ベニハゼ属 オヨギベニハゼ

雄性成熟なハゼ。
クマノミと同様、雄で生まれ、雌になるパターン。
ちゃんとまだ見ていませんが、大きいのが雌なのかも。
今度しっかり見てみたいですね。

ちょっと深いところにいますが、美しいハゼです。
アオギハゼと一緒にいるようで一緒にいないように思う。。
(オヨギベニハゼだけでコロニーを組んでます)
この子も婚姻色になることがあるのだろうか。乞うご期待!

そうそう、、撮る時は頭に砂がいっぱい被ることを覚悟しておいてください。

オヨギベニハゼ

オヨギベニハゼの雌(奥にアオギハゼ)

オヨギベニハゼのオス

オヨギベニハゼ オス

 

ベニハゼ属 オキナワベニハゼ

一夫多妻制を採用しているオキナワベニハゼ。
しかも、群れの中で一番大きい個体が雄になる。
外から来た雌が一番大きければ恐らくその雌が雄になり、雄だった個体は雌になる。
強い遺伝子を残せる進化を遂げているすごいハゼ。
ここまで進化を遂げたのは、何か壊滅的なことがあったに違いない。。

この進化が功を奏したか、ベニハゼの中で一番よく見る子。
結構警戒心が少し強めなので心して狙うべし!

周りの色合いで撮る子を選ぶといい写真が撮れます♪

オキナワベニハゼ

動かないでいてくれるのでシャッター速度遅めで狙うもよし!

 

ベニハゼ属 カスリモヨウベニハゼ

雄が雌を訪問するタイプらしい。

とある場所でよく見かける気がするけれど、撮っていません。。
今度ちゃんと撮ってみなきゃなと現在反省中。
きっと雄の婚姻色は美しいのだろうけれど、雌を訪問中の雄に出会えるのかどうか。。

カスリモヨウベニハゼの雌と思いたい

カスリモヨウベニハゼの雌と思いたい、ヒトミシリハゼ(ガラスハゼ属)の写真。
顔の長さ的にガラス系(><) カスリモヨウは顔がもう少し丸い。。。イメージ写真。。

 

ベニハゼ属 ホシクズベニハゼ

ちょっと深いところにいてる、ベニハゼ属の子。
じっとしてくれるので撮りやすいけれど、弱くても光を当てるとほぼ逃げてしまう。
ゲストに紹介するのが結構難しい子ではあります。

ホシクズベニハゼ

ホシクズベニハゼ

 

ベニハゼ属 ヒメアオギハゼ

なかなか撮りにくいというか、ピントが合いにくい子。
白い尻尾が可愛くてついつい撮っちゃうのですが、
ゆっくりと逃げられるので撮り方に工夫が必要です。

ヒメアオギハゼ

本当にかわいい。色合いも最高です。

ヒメアオギハゼ着底時

着底時は縞模様になるというちょっと変わった子。

 

ベニハゼ属の1種(通称 アオベニハゼ)

ねぇ、青なの?紅なの?と突っ込みたくなる通称です。
撮りにくい場所にいることが多く、結構難しい。
その分、撮れた時はハッピーになること間違い無し♪

透明感があってきれいなハゼなのです。

アオベニハゼ

正面すぎると、普通のベニハゼにしか見えないかもしれない。

 

イソハゼ属 トラノコイソハゼ

強そうな名前が付いているけれど、ちっこいし、臆病。
すぐに逃げるし、撮るのが大変です。

トランコイソハゼ

浅い場所にいるのでうねりとの戦いでもある。

 

イソハゼ属 アカホシイソハゼ

そこらじゅうにいてくれる、いい子。
でも、よく動く悪い子。
顔にある赤いドットがとっても可愛いです。

アカホシイソハゼ

ドットを映えるように撮ってほしい!

メスに求愛するオス(ヒレに色がつきます)

メスに求愛するオス(ヒレに色がつきます)

左:メス 右:求愛中のオス。

求愛ダンスはこちら

 

 

イソハゼ属 シロイソハゼ

アカホシイソハゼの赤いドットがないバージョン。
同じような場所にいます。
イソハゼはみんなちっこいので、写真撮るのが一苦労ですが、
撮れると嬉しくなりますよ(^^)

シロイソハゼ

シロイソハゼ。

 

イソハゼ属 クロスジイソハゼ

サンゴの上で動き回るちっこいやつ。
かわいいけれど、なかなか撮らせてくれません。
撮るには根性が必要!

クロスジイソハゼ

クロスジイソハゼ。

サンゴとセットでしか撮れない!と思うくらい、
サンゴの上でちょろちょろしてます。

 

イソハゼ属 ニセクロスジイソハゼ

誰だ、ニセなんて呼ぶやつは。。
似てるのにチョット違うからって、ニセが付いちゃったかわいそうな子。

間違い探しです。
さて、クロスジイソハゼとどこが違うでしょう?

ニセクロスジイソハゼ

答えは、尻尾の黒ポチが2つに別れてること!

 

イソハゼ属 ハナグロイソハゼ

アオイソハゼにそっくりだけれど、
顎に赤い線がないのと鼻管がながいのが特徴です。

いっぱいいすぎてあんまり写真撮ってないですね。。
ちなみに、美紗子は婚姻色を狙おうと思っとります。

たぶんハナグロイソハゼ

たぶんハナグロイソハゼ(メス)

ハナグロイソハゼのオスの若いの

ハナグロイソハゼのオスの若いの(第1背鰭の最初の2本が長い)

わかりやすい写真WANTED!

 

イソハゼ属 アオイソハゼ

アオといいつつ、青くないやつ。
ハナグロイソハゼとの違いは、ほんのちょっと。
顎に赤いライン、鼻が短い(鼻管といいます)、オスは第1背鰭が4本長い!

アオイソハゼのオス

アオイソハゼのオス。第1背鰭が4本長い!
(ハナグロイソハゼのオスは2本長い)

アオイソハゼのメス

アオイソハゼのメス

 

イソハゼ属 シロオビイソハゼ

いっぱいいるのに、撮ってない!
写真WANTED!

 

イソハゼ属 オヨギイソハゼ

美紗子一押しの美しいイソハゼです。
春から夏にかけての、オスの美しさはたまりません。

オヨギイソハゼのオス

オヨギイソハゼのオス

オヨギイソハゼオス

オヨギイソハゼのオス。背景がないように撮るのが難しい。

 

イソハゼ属 ソメワケイソハゼ

カスリモヨウベニハゼとすごく似てるが、いる場所や群れの大きさでなんとなく。
あとは顔が丸いが細長いか。
ソメワケイソハゼは顔が丸い。カスリモヨウベニハゼは顔が尖っている。

雄の婚姻色を狙いたいですね♪
婚姻色の写真WANTED!!

ソメワケイソハゼの雄

ソメワケイソハゼの雄

 

イレズミハゼ属 ベンケイハゼ

一度いてくれると長い期間(数年単位)でいてくれる。
だけれど、ネタは少し!
いてくれる間に写真を撮って欲しいです。

ベンケイハゼ幼魚

ベンケイハゼ幼魚

ベンケイハゼ正面顔

ベンケイハゼ 成魚

ベンケイハゼ横姿

ベンケイハゼ 成魚横姿