PADI スペシャリティ・コース 一覧

当店のコースへのこだわりについて

当店は質の高い講習がPADIから認められ、PADI 5ダイブスターとして認定されております。

当店のコースへのこだわりはこちら
エンリッチドエアsp

エンリッチド・エア・ダイバー

空気より酸素割合の多いガスをエンリッチド・エアといいます。このガスを使用することで減圧症のリスクを減らすことができる、無減圧潜水時間が長くなるなどのメリットがあります。海外ではすでに一般的なダイビング・スタイルとなっており、国内でも利用できるダイビングポイントが増えてきています。

詳細はこちら
エンリッチドエアsp

 

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー

究極の中性浮力を目指すコースです。呼吸による浮力コントロールのコツを知りマスターすることで、珊瑚の群生などの水中環境を傷つけずに泳げたり、思い通りにピタッと止まることができるようになります。空気や体力の節約にもつながり、良いこと尽くしです。

詳細はこちら
PPBsp

 

ディープ・ダイバー

水深18メートル以深の水中環境を知ることができます。また、深く潜ることで増えるリスクを認識し潜水計画の立て方を知ることで、より安全にディープ・ダイビングを楽しむことができます。未知なる海の世界を探検しにいきましょう。

詳細はこちら
ディープsp

 

ドリフト・ダイバー

潮の流れにのってダイビングすることをドリフト・ダイビングといいます。エントリー&エキジット方法、セイフティグッズの使用方法、注意点などを知ることができます。潮の流れが速いダイビングスポットで、大型回遊魚の群れなどを狙ってみませんか。

詳細はこちら
ドリフトsp

 

デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー

『写真が青かぶりしてしまう』『ピントがうまく合わない』など沢山の悩みを抱えるフォトダイバーは多いと思います。水中での様々な撮影環境に応じた露出設定や光の足し方、生物へのアプローチ方法、パソコンへの取り込み方法や編集ソフトを利用した簡単な加工方法を学びます。

詳細はこちら
デジタルフォトsp

 

アンダーウォーター・フォトグラファー

もっと色を出したい、もっと立体的な写真を撮りたい、などワンランク上の写真撮影を目指したい方にオススメです。カメラの自動設定にまかせた撮影だけでなく、自分で細かな設定をしてみるといった技術の応用が学べます。また、ストロボを使用した自然光とストロボ光の違いも知ることができます。

詳細はこちら
水中フォトsp

 

水中ナビゲーター

方向感覚がつかみにくい水中で、進むべき道を探すことができるようになります。直線往復だけでなく様々な形で移動する方法や、自然の目標物を確認して移動する方法も知ることができます。水中をより自由に楽しむことができ、ダイビングのバリエーションは無限に広がっていきます。

詳細はこちら
ナビゲーターsp

 

水中ナチュラリスト

水中世界についてもっと学んでみませんか。生物の生態や営み、接し方やマナーを知ることによって更に生物や海に対する興味がわき、ダイビングが楽しくなります。カメラ・ビデオ撮影のための基礎知識としてもオススメです。

詳細はこちら
ナチュラリストsp

 

サーチ&リカバリー

落とし物探しにも技術が必要です。様々なパターンを使ってのサーチ(捜索)、リカバリー(回収)のテクニックを知ることによって、ラクに探すことができます。また、見たい生物がいるときには大きさや生息地などによって適したサーチパターンを選ぶことにより、見つけやすくなります。

詳細はこちら
サーチ&リカバリーsp

 

マルチレベル・ダイバー

ダイバーなら誰しも『少しでも長く潜って海の世界を楽しみたい』と考えるでしょう。それを可能にしてくれるのが、マルチレベル・ダイビングです。専用の道具を使い計算することによって、綿密な潜水計画を立てることができるようになります。効率の良いダイビングで、もっと海の世界を楽しみましょう。

詳細はこちら
マルチレベルsp

 

ドライスーツ・ダイバー

特殊なスーツを着ることにより、体を濡らすことなくあたたかく快適に潜ることができます。使用するには、浮力調整など特有の使い方・コツをマスターすることが必要になります。一年を通じて楽しみたい方にピッタリです。

詳細はこちら
ドライスーツsp

 

器材

器材はダイバーを守る道具です。詳しく知っておくと役立つことが沢山あります。例えば器材を長持ちさせるコツを学ぶことによって、お手持ちの器材と長く付き合うことができます。器材に対する不安をなくし、ストレスなくダイビングを楽しみましょう。

詳細はこちら
器材sp

 

エマージェンシー・オキシジェン・プロパイダー

酸素は私たちにとってとても必要なものであり、特に緊急時には酸素供給が有効になることがあります。しかし酸素の取り扱いを誤ると危険が生じるので、いかなる場面でも正確な扱い方法を知って使用することが重要になります。

詳細はこちら
酸素sp

 

マンタ・ウォッチング・ダイバー

マンタの生態や習性を知ることで、マンタを見た時のワクワク感が違ってきます。更にお気に入りのマンタを見つけて、毎年その成長を観察するなど、他ではできないダイビングをしてみませんか。

詳細はこちら
マンタsp